日米首脳、対中国抑止を協議へ

初対面会談、台湾や人権で連携

©一般社団法人共同通信社

菅義偉首相、バイデン米大統領(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】菅義偉首相は16日午後(日本時間17日未明)、バイデン米大統領とホワイトハウスで初めて会談する。軍事、経済両面で覇権主義的な動きを強める中国に対する抑止力維持に関し協議。緊張が高まる台湾海峡情勢や、中国・新疆ウイグル自治区での人権問題で認識を共有し緊密に連携する。半導体部品の調達・供給網構築といった経済戦略や気候変動、新型コロナ対策で協力。首脳間の信頼を構築し、日米同盟の深化を図る。

 両首脳は共同文書を発表。会談後、そろって記者会見に臨み、会談の成果を強調。自由や民主主義といった普遍的な価値観を共有する同盟国としての連携を強める。