こりゃ簡単! 三菱 デリカD:5とアウトランダーPHEVにサクッと楽しめる車中泊仕様があった!【ジャパンキャンピングカーショー2021】

©株式会社MOTA

今、ファミリー層に大人気のミニバンとSUVでアウトドアでキャンプを楽しむ家族も多いだろう。しかし短い週末の1泊2日でテントを建ててまたすぐしまうのは、正直面倒だなと思っているパパもいるかも。そんなあなたに朗報!ワンタッチで屋根のテントを上げるだけ! の簡単車中泊カーがあるのをご存じだろうか。ベースはアウトドア派から絶大な支持を集めるミニバン「三菱 デリカD:5」と、SUV「アウトランダーPHEV」。しかもこちら、愛知県の三菱正規ディーラーが販売している新車のコンプリートカーなのだ!

デリカD:5 D POP[西尾張三菱自動車販売](三菱 デリカD:5) ジャパンキャンピングカーショー2021[2021年4月2日(金)~4月4日(日)/幕張メッセ(千葉県千葉市)]/撮影:島村 栄二

手軽に車中泊を楽しめる! デリカD:5のポップアップルーフ仕様

愛知の正規三菱ディーラーが製造するオリジナル車中泊仕様車

三菱 デリカD:5をベースにした車中泊カーの名前は「D:POP(ディーポップ)」。三菱の正規新車ディーラー、西尾張三菱自動車販売(愛知県一宮市)が製造するオリジナルコンプリートカーだ。

ルーフテントは優れた防水・防寒性能を有する。また防虫ネットも備え、夏場などは外の風を取り入れることも出来るほか、ネットを巻き上げてオープンにすることも可能だ。

標準装備は、大人2人が泊まれるポップアップルーフのみと、構成はあくまでもシンプル。

しかしこの効果は絶大だ。車内の3列シートを倒して使用する、オプションのD:POP オリジナル フルフラットシート「D-BED」と組み合わせれば、シート側に2名、屋根のテント側に2名と、合計4人の就寝が可能となる。

しかもテントはワンタッチで展開可能の気軽さが嬉しい。テントは車内とつながっているから、寒い夜でも車外に出たりする必要はない。

例えばキャンプだけでなく、旅先で帰りが遅くなり、ちょっと仮眠をしたい…そんなときにもこの気軽さがありがたいのだ。防水・断熱も効き、さらに開閉も可能となっているから、絶景の駐車場から見晴らし台かわりに使うことだって出来る。

もっと車中泊を楽しめるオプションも充実

フロントシートの回転機構やダイネットテーブルなども用意される

D-BED以外にも、フロントシートの回転機構やダイネットテーブル、走行充電機能付サブバッテリー、FFヒーター(エンジンを止めた後に使用可能)など、好みに応じたオプションをプラスしていくのがデリカD:5 D:POPの正しい買い方だ。

デリカD:5 D POPの価格は、新車の車両込みで498万3800円(消費税込)から。西尾張三菱自動車販売の担当者は、本格的な重装備のキャンピングカーではなく、あくまでも気軽な車中泊カーを目指したと説明する。近所のお買い物や通勤ではいつものデリカD:5として普段通り使えることが重要という訳だ。

中部エリアのみならず、全国の納車が可能だという。しかも新車だから、通常の点検・整備に関しては地元の三菱ディーラーに持ち込めば問題はない。

気になる方は、西尾張三菱自動車販売まで問い合わせしてみよう。

電気を使って快適車中泊! アウトランダーPHEVにもあるポップアップルーフ仕様!

アウトランダーPHEV E:POP

PHEVのメリットをフル活用! アウトランダーは究極のお手軽車中泊カーだった

そしてもう1台、西尾張三菱自動車販売は電動車両のアウトランダーPHEVにも、ポップアップルーフ仕様「E:POP(イーポップ)」を用意している。

専用オプションとして組み立て不要なベッドキット「E:BED」が用意されている

アウトドアにおけるアウトランダーPHEV最大の魅力は、なんといっても走行用の大型バッテリーを有効活用出来るところにある。外部への電力供給の機能が備わっているから、調理器具や電気毛布といった家電製品を使用出来る。火を起こさずとも、電気ポットさえあればお湯が瞬時に沸く。ホットプレートがあれば、お肉も野菜も焼けてしまう。

テントを建てて、火起こしからの過程を楽しむアウトドアレジャーももちろん楽しいものだが、この手軽さもまた一度味わってしまうとやめられないものなのだ。

アウトランダーPHEV E:POPの価格は、アウトランダーPHEV「G」533万3000円(消費税込)から。納車費用は別途かかるが、全国への納車も可能だ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:島村 栄二・西尾張三菱自動車販売・MOTA編集部・三菱自動車工業]