羽生結弦 まさかの“珍ハプニング”で減点も精密技術の証明「自分の強み」「信じる道」

© 株式会社東京スポーツ新聞社

精密機械であることが証明された羽生(代表撮影)

フィギュアスケートの世界国別対抗戦(丸善インテックアリーナ大阪)の男子フリーが16日に行われ、五輪2連覇の羽生結弦(26=ANA)が今季自己ベストの193・76点をマークし、激動のシーズンを締めくくった。

冒頭の4回転ループを成功させ、続く4回転サルコーでハプニングが起きた。直前の6分間練習で自身が跳んだ際にできた氷上の穴にハマり、1回転となって減点となってしまった。

試合後、羽生は「不運というか…」と苦笑しつつ、こう説明した。

「これはちょっと自分の性質上しょうがないかなと思うんですけども、かなり同じところで跳べるんですね。だから同じような穴にハマって、つながってしまうことが結構あるので。今回、それが本当にわずかの幅なんで…。わずか何センチですかね? エッジの溝なんですけども。しっかりそこにハマりました」

まさに天才スケーターゆえのミス。寸分狂わぬ正確なスケーティングが生み出した〝ワナ〟であった。それだけに悔いるより、誇りに感じている。

「自分の穴にハマらないようにするためには、他のところで跳べっていう話なんですけど、でも今までそれも何回かやってきて、結果ダメだったので。僕はやっぱり自分が信じる道、自分がそれほどまでに精密にできるということが、たぶん自分の強みだと思う。9割跳べるとかじゃなく、100%跳べるっていうコントロールできるのは自分の強みだと思います」

そう誇らしげに語り、最後は「しっかりと自分の強みを磨いていきたいなと言う思います」と話した。