【角田裕毅F1第2戦密着】「目をつぶってでも走れる」慣れ親しんだイモラ。トラブルにも動じずデータ収集を終える

©株式会社サンズ

 日本人として、初めてF1のデビュー戦で入賞を果たした角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)。バーレーンGP後は自宅があるイギリスへ戻り、3週間後のエミリア・ロマーニャGPに向けて準備を整えていた。

「バーレーンGPの後は(イギリスで)自主隔離していたので、レッドブルのシミュレーターに乗ったり、トレーニング以外は基本的には家でゲームをしていました(笑)」

 グランプリ名称である『エミリア・ロマーニャ』は、舞台となるイモラがある州で、アルファタウリのファクトリーがあるファエンツァも同州にある。グランプリ前に角田はファクトリーに寄ったのか。

「イタリアにはいたのですが、昨日(4月14日)までずっと『アルファタウリ・ファッション』のほうの撮影で忙しくて、寄っていないです」という角田は、グランプリ前日に行うコースウォーク時も『アルファタウリ・ファッション』に身を包み、チームの行うビデオ撮影を兼ねて、エンジニアとともに4.909kmのコースを1周していた。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 『アルファタウリ・ファッション』を着用する角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP エンジニアらと共にコースウォークへ向かう角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

 そのコースを、グランプリ初日、角田は思う存分AT02で走ることができなかった。フリー走行1回目が始まってすぐ、コースインした角田のパワーユニットに異常を示すデータが発見されたためだ。ピットインした角田のパワーユニットを確認し、セッション中に可能な範囲で対策を施し、再びピットアウトした角田だが、完全には問題が解決しないまま、セッションが終了。セッション後のインターバルで、ホンダはESとCEを交換する決断を下した。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP FP1開始後、最初のコースインを果たす角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が1回目のピットイン
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)のマシン(写真は木曜日に撮影したもの)

 グランプリ開幕直後につまずいた形となった角田だが、イモラは角田にとって最も慣れ親しんだコース。初めてF1マシンをドライブした昨年11月上旬のプライベートテストは、ここイモラで行われた。今年に入ってからも、1月下旬に再びプライベートテストを行い、2月下旬にはフィルミングデーを利用した新車のシェイクダウンテストも行っている。

「F1では最も走っているサーキット。目をつぶってでも走れる」(角田)というイモラでのつまずきは、角田にとって大きなダメージにはつながらなかったようだ。それはトラブルフリーだったフリー走行2回目は7番手のタイムを刻んでいたことでもわかる。

「フリー走行1回目で問題が発生したためにあまり多く走れず、プッシュできたのは4ラップだけでしたが、マシンの感触は良かった。だから、フリー走行2回目ですぐにペースを上げて、プッシュできました。ソフトタイヤでの興味深いデータが多く収集できたので、これから分析して、明日の予選前のフリー走行で、セットアップを煮詰めたい」

 トラブルにも動じず、きっちりと自分の仕事をこなしていた角田。バーレーンGPから3週間、角田はまた少し逞しくなっていた。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)