フェルスタッペンが首位。角田は11番手【タイム結果】F1第2戦エミリア・ロマーニャGPフリー走行3回目

©株式会社サンズ

 2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行3回目が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは4番手、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は11番手、ピエール・ガスリーは6番手となっている。

 気温10度、路面温度20度というコンディションで、現地時間11時にセッションがスタート。開始早々にキミ・ライコネン(アルファロメオ)がミディアムタイヤで、ハースのニキータ・マゼピンとミック・シューマッハーがソフトタイヤでコースに出た。ライコネンが1分17秒331をマークし、シューマッハーが1分17秒689で続く。

 その後ミディアムタイヤでコースインしたフェラーリのシャルル・ルクレールがセクター1と2で全体ベストをマークし、1分16秒795でトップタイムを更新。この時点では0.1秒差の2番手がチームメイトのカルロス・サインツJr.、3番手は0.3秒差でアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)だ。

 フェルスタッペンとメルセデスのバルテリ・ボッタス、ルイス・ハミルトンは、ソフトを履いてコースイン。ミディアムを履くペレスは1分16秒642とトップタイムを更新した。ボッタスはペレスを上回るタイムをマークするも、わずかにトラックリミットを超えてしまいタイムを抹消された。

 セッション開始から25分を過ぎたところで、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)がターン6でコースアウトし、ウォールに接触してしまった。フロントウイングの左側が脱落したものの、幸いラティフィは自力で動き出しピットへ戻った。セッションは赤旗中断となったが、すぐに再開された。

 再開後にはボッタスが1分15秒984をマーク。ハミルトン、角田、フェルスタッペンらは一度タイムを抹消されたが、その後フェルスタッペンは1分15秒895でトップに立った。わずかの差でミディアムのガスリーがそのタイムを超えるも、ソフトを履くルクレール、ハミルトン、ランド・ノリス(マクラーレン)らが次々にトップタイムを更新。セッション後半は目まぐるしくタイムシートが入れ替わった。

 終盤、フェルスタッペンは新品のソフトタイヤを投入して1分14秒958をマーク。それまでトップだったノリスに0.4秒の差をつけ、フェルスタッペンがトップでFP3を終えた。2番手はノリス、3番手はハミルトンで、4番手以下ペレス、ルクレール、ガスリー、サインツJr.、ボッタス、アルピーヌのフェルナンド・アロンソ、エステバン・オコンと続いている。角田も最後にソフトタイヤを履いて1分16秒230という11番手タイムを記録した。

■2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPフリー走行3回目 リザルト

Pos. No. Driver Team Time Laps

1 33 M.フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1’14.958 18

2 4 L.ノリス マクラーレン 1’15.414 17

3 44 L.ハミルトン メルセデス 1’15.515 18

4 11 S.ペレス レッドブル・ホンダ 1’15.551 18

5 16 C.ルクレール フェラーリ 1’15.738 21

6 10 P.ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1’15.890 22

7 55 C.サインツJr. フェラーリ 1’15.908 21

8 77 V.ボッタス メルセデス 1’15.908 19

9 14 F.アロンソ アルピーヌ 1’16.186 20

10 31 E.オコン アルピーヌ 1’16.228 20

11 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1’16.230 20

12 18 L.ストロール アストンマーティン 1’16.245 19

13 3 D.リカルド マクラーレン 1’16.253 17

14 5 S.ベッテル アストンマーティン 1’16.389 19

15 63 G.ラッセル ウイリアムズ 1’16.427 20

16 47 M.シューマッハー ハース 1’16.448 22

17 6 N.ラティフィ ウイリアムズ 1’16.537 15

18 99 A.ジョビナッツィ アルファロメオ 1’16.612 22

19 7 K.ライコネン アルファロメオ 1’16.803 23

20 9 N.マゼピン ハース 1’17.398 23