早慶レガッタ、慶大が僅差で勝利

ボートのエイト、16年大会以来

© 一般社団法人共同通信社

早大を下し、喜ぶ慶大クルー=東京・隅田川(早慶対校競漕大会運営委員会提供)

 春の風物詩となっている伝統のボートレース、早慶レガッタは18日、東京・隅田川で行われ、メインの対校エイト(3750メートル)は慶大が12分24秒14で早大を僅差で下し、2016年大会以来の勝利を挙げた。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、2年ぶりの開催。通算成績は慶大の41勝47敗、同着1となった。

 慶大は前半に先行したが、早大も食らいついて競り合いに。後半は一時早大に前に出られたが、スパートを決めて接戦を制した。