最先端e-Bikeを楽しむアウトドア体験「Turbo Experience Station Odawara」が小田原に登場

© 株式会社マイナビ

スペシャライズド・ジャパンはこのほど、最先端e-Bikeを体験することができるプログラム「Turbo Experience Station Odawara」を、神奈川県小田原市のフォレストバイクにて開始した。

「Turbo Experience Station Odawara」は、スペシャライズド・ジャパンが、フォレストバイクを運営するT-FORESTRYと、自転車専門店SBCとタッグを組むことで実現した、e-マウンテンバイク(e-MTB)の素晴らしさを体験することのできるプログラム。都心から車で1時間30分ほどという立地にあり、自然を見ながらのライドでゆったりすると同時に、疾走感を味わえる贅沢なアウトドア体験を楽しむことができるという。

レンタルできるバイクは、スペシャライズドのe-MTB「Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)」。通常のe-MTBと比べて40%軽量、かつ、ライダー入力の最大2倍までアシストしてくれるモーターが付いており、体力を気にせずに楽しむことが可能。

コースは、初心者から上級者まで遊べる設計となっており、森の中でリラックスしながら走ることも、同じコースでコーナリングを練習することもできるバラエティーに富んだコース設計に。今後は、Levo SLの特徴を活かした、鼻歌交じりに登り、ダウンヒルでは軽やかなハンドリングを存分に体験できる専用コースツアーの提供も予定しているという。

なお、初心者には常駐のインストラクターによる乗り方レッスン(初回安全講習)がセットになっており、安心して楽しむことができる。また、バイクメンテナンスや体験提供のアドバイスなどは自転車専門店SBCが担当しており、安心安全で、マウンテンバイク体験のさらなる高みを目指してサポートしてくれるという。体験プランは以下のとおり。

ビギナープラン
所要時間2時間30分。乗り方レッスン(初回安全講習)とLevo SLレンタルがセットとなっており、プラン価格は7,500円。フォレストバイク初回体験の場合には、必ず同プランからとなる。

テストライドプラン(ハーフデイ)
中上級者(初回講習受講者)向けの通常半日レンタルプラン。所要時間2時間30分で、プラン価格は4,000円。

テストライドプラン(ワンデイ)
中上級者(初回講習受講者)向けの通常1日レンタルプランで、所要時間は6時間。プラン価格は6,000円。

※プラン価格は、コース利用料+レンタル料。