万博など見据え新組織、りそな銀

関西大型案件に意欲

© 一般社団法人共同通信社

インタビューに答えるりそな銀行の岡橋達哉副社長

 りそな銀行で西日本を統括する岡橋達哉副社長(57)は19日までに共同通信のインタビューに応じ、2025年大阪・関西万博など今後関西で行われる大型プロジェクトに携わる企業を支援する新組織「関西戦略室」を設置したことを明らかにした。「プロジェクトと顧客をつなげ、関西経済の発展に貢献したい」と述べ、大型案件に絡む取引を増やすことに意欲を見せた。

 関西戦略室はりそな銀だけでなく、グループの関西みらい銀行やみなと銀行の出向者も交え、一体で取引先を支援する。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)や大阪府などが名乗りを上げる政府の国際金融都市構想にも積極的に関与する。