18、19歳厳罰化の少年法改正案衆院通過

© 一般社団法人共同通信社

 事件を起こした18、19歳の厳罰化を図る少年法改正案が20日、衆院本会議で可決、衆院を通過した。来年4月に迫る18歳への成人年齢引き下げに合わせた措置で、家裁から原則検察官に送致する対象事件を拡大する。