SUPに自転車、ラン、キャンプ すさみで体験イベント開催へ

© 株式会社紀伊民報

スタンドアップパドルボード(SUP)=実行委員会提供

 和歌山県すさみ町や町商工会などでつくる実行委員会と町観光協会は6月5、6日、同町周参見で、多彩なアウトドア企画を体験できる催しを開く。「すさみの自然を満喫してほしい」と参加を呼び掛けている。申し込みは5月9日まで。

 町内では、コロナ禍の中では久しぶりのアウトドアイベントで、主催者が「地域体感型トライアスロン」と名付けた初めての催し。5日にスタンドアップパドルボード(SUP=サップ)1.6キロと自転車20キロを体験し、6日にランで20キロを走る。5日夜にはキャンプができる。

 会場はSUPが海水浴場。自転車は海水浴場を発着する周回コースで、ランは町総合運動公園内を周回する。チーム対抗の形で、タイム上位を表彰する。1チームは1~4人でつくる。募集は50組。

 主催者は「会社の同僚やアウトドア好きの家族など、さまざまなグループで参加してほしい」と話している。SUPに小学生が乗る場合は保護者が同乗する。自転車は中学生以上を対象にする。

 参加費は1人6千円(1日目の昼弁当とキャンプ区画使用料を含む)。キャンプだけの参加もできる。この場合の区画使用料は3千円。

 参加申し込みは専用サイト(https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/84619)から。QRコード=図=からもアクセスできる。支払いはコンビニエンスストアで済ませるか、クレジットカードを使うかになる。

 問い合わせは、実行委事務局の町産業振興課(0739.55.4805)へ。

QRコード