藤木直人、17年ぶりWOWOWドラマ「黒⿃の湖」で三宅健らと共演!

© 株式会社東京ニュース通信社

藤木直人が、WOWOWプライムで7月からスタートする「連続ドラマW 黒鳥の湖」(開始日未定)に主演する。

同作は、宇佐美まこと氏による因果応報をテーマにした同名小説が原作。かつて卑劣な⼿段で財産を得た男は、美しい妻と娘と幸せに暮らしていたが、やがて因果が巡って災いがもたらされる。それは⾃らが過去に犯した罪の報いなのか? 複雑に絡み合う現在と過去、⼈々の闇や傷、次第に明らかになっていく驚愕(きょうがく)の事実、衝撃のクライマックス…“因果応報”という⾔葉が突き刺さるミステリーだ。

主演の藤⽊が演じるのは、「ザイゼンコーポレーション」の社⻑で、過去の過ちに罪悪感を感じながら、次第に翻弄(ほんろう)されていく主⼈公・財前彰太。約17年ぶりのWOWOWドラマ出演に「率直にうれしかったです。WOWOWで『宿命』というドラマをやらせてもらったのがもう17年前。主⼈公・彰太の過去の事件とほぼ同じくらい前」と懐かしみながら、「スケジュールはハードになりそうですし、今の世の中の状況もとても⼤変ですが、まずはしっかりと毎⽇健康体で撮影に臨みたいと思います」と意気込み十分。

また、彰太の妻で、事件に巻き込まれていく中で過去の秘密が明らかになる由布⼦役を吉瀬美智⼦が務め、寺の住職の息⼦で、由布⼦が参加した“瞑想の会”を開く若院を三宅健、その⺟親で由布⼦の精神的な⽀えになり、良き相談相⼿となる⼤黒様を財前直⾒が演じる。

吉瀬は「久しぶりのWOWOWで、⼤⼈が特に楽しめる作品だなと思いました。難しい役どころではありますが、この役を楽しみながら演じられたらと思います。藤⽊さんとも2度⽬の共演なので楽しみです」と期待する。

同局のドラマ初出演となる三宅は「ドラマでミステリー作品に出演させていただくのは今回が初めてなので、これまで⾒せたことのなかった⾃分をお⾒せできるのではないかと思いました」とオファー時の心境を明かし、作品について「先が気になり一気に読んでしまいました。一歩道を踏み外してしまったがために、その⼈の⼈⽣の⻭⾞が狂っていく。⾃分の犯してしまったその罪に⻑年悩まされ苦しみ、⾃分の⼤切な存在にまで影響を及ぼしてしまう。過去の罪からは逃げられない。正に因果は回るのだと思いました」と感想を述べている。

そして「主⼈公たちの名字が『財前』なので、ややこしいと思いました」と笑う財前は、「脚本の登場⼈物それぞれに心の闇と⾃分の中の正義があって、ラストまでハラハラドキドキ謎を楽しんで読ませていただきました。⼤黒様は、世話好きで、優しくて、この⼈に悩みを話すと安心する。そんな器の⼤きい⽅なんだろうなぁと感じました」と役柄を分析している。