遠藤憲一、還暦でOL役「想像していた60歳、こういう感じじゃなかった笑」

©株式会社アイ・シー・アイ

遠藤憲一

永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸、遠藤憲一、小池栄子が21日、都内で映画『地獄の花園』(5月21日公開)完成報告謝罪イベントに臨んだ。

花園のようにも見える華やかOLたちの職場では実は裏で地獄のような派閥争いが行われている。そんな地獄のような花園の世界を描く。

イベント冒頭、主人公・直子を演じる永野が「映画とは言え暴言を吐き続け、OLのイメージを大きく変えてしまった」と“謝罪”すると、それに続けと登壇者も謝罪していく。そのなかで魔王OL涼子を演じた遠藤は「とにかく、こんな姿ですみません!」と笑いを誘った。

キャストのなかでOLのイメージを著しく低下させたのは誰かという問いで、多く名指しされたのが遠藤。

OL達を牛耳る“悪魔の朱里”役の菜々緒は「ビジュアルが独り勝ちしている」とし、遠藤の役どころは女装ではなく女性であると明かすと、遠藤はにこやかに「もろ女性です」。これには司会を務めた佐野瑞樹フジテレビアナウンサーも「寄せる気ないんですね」と笑いを誘っていた。

また、遠藤を「見た目が強烈すぎ」と語った、狂犬OL紫織役の川栄は「この作品の数日後に親子役を演じて、それがお葬式のシーンで、普通の遠藤さんが普通じゃない錯覚で笑いが止まらなくて。この格好は罪」

その遠藤は今年6月に還暦を迎える。「60歳のイメージがこういう感じではなかったので、想像通りいかないもんだなって。でもうれしかった。いくつになってもこういう役がいただけるのは。これからも『嘘だろう』という役をやっていきたい」と語っていた。