AOD龍神無双/スカイランダーズ/今三国志/イース6オンライン…違うカテゴリのRPGに共通する魅力とは?

©株式会社エキスプレス

ことし2021年にリリースされた最新スマートフォンゲーム・ソーシャルゲームの動向からみる、いま注目を集めるRPGタイトルとは―――。

今回は、「AOD-龍神無双-」「スカイランダーズ リング・オブ・ヒーローズ」「今三国志」「イース6オンライン」の4タイトルに注目。

これら3タイトルは、RPG(ロールプレイングゲーム)のなかの異なるカテゴリーにありながらも、共通する魅力がある。

AOD-龍神無双-

全世界500万ダウンロード突破し、ことし日本に上陸した『AOD-龍神無双』。

龍(ドラゴン)に変身し、龍とともに戦う新感覚MMORPG(Massively Multiplayer Online Role-Playing Game:大規模多人数同時参加型オンラインRPG )で、フルオートMMORPGでストレスとボスをまとめてぶっ飛ばすという爽快感・痛快感が魅力。

千万人が共闘するクロスサーバーバトルのなかで、サーバーVSサーバーの世界級大戦争が体感できるほか、バトルに疲れたときに結婚機能で出会いやデートも楽しめる―――。

スカイランダーズ リング・オブ・ヒーローズ

2011年から11本のビデオ/モバイルゲームがリリースされてきた世界的な人気を誇る『スカイランダーズ』。

また、アニメ『スカイランダーズ・アカデミー』はデイタイム・エミー賞、アニー賞にノミネートされたほど人気を博した作品。

この『スカイランダーズ リング・オブ・ヒーローズ』は、Com2uS と Activision というゲーム会社2社のコラボから生まれたターン制RPG。

80種類ものスカイランダーを収集・育成し、全体で共有されるマナを活用する戦略的なバトルが楽しめる。

さらにソロはもちろん、世界中のプレイヤーと競争や協力プレイも楽しめるのも魅力。

今三国志

事前登録者数が30万人を突破した『今三国志』は、ストラテジー(戦略)RPG。

プレイヤーは三国乱世を生きる君主になりきり、一城の主から武将を招集し、城池の開発に励みつつ勢力を拡大、最後に洛陽を落として天下の統一をめざす。

マップや兵士のユニットは3Dデザインで、三国時代を細かに再現した映像美も魅力。

とくに合戦の演出は圧巻の迫力といわれ、三国志に登場した武将や軍師たちも、美しいグラフィックで登場する。

三国志の世界観をゲームで体感したいという人におすすめ。

イース6 オンライン〜ナピシュテムの匣〜

ことしの新作スマートフォンゲーム(ソーシャルゲーム)のなかから今回ピックアップした3タイトルは、 MMORPG、ターン制RPG、ストラテジー(戦略)RPGと、カテゴリは違えど、敵を吹っ飛ばす爽快感や迫力ある映像美、いっしょに戦う連帯感などを共有できる点は共通。

そしてもうひとつ共通する魅力要素が、「世代を超えた歴史と人気作の継承」。

これは、この春にリリース予定のアクションRPG 「イース6 オンライン〜ナピシュテムの匣〜」 も共通する魅力要素。

冒険家アドル・クリスティンが世界各地の古代文明の謎を解き明かしていくアクションRPG「イース」は、1987年のPC版シリーズ第1作「イース」発売以来、現在までに10作がゲーム化。

30年以上に渡って描き続けられ、いまなお世界中から熱狂的に支持されるメガヒットシリーズとしてユーザに愛され親しまれている。

そのシリーズのなかでも、「イース6 オンライン〜ナピシュテムの匣〜」は、2003年に日本ファルコムからPC用ゲームとして発売されたアクションRPG「イース」シリーズの正式ナンバリングタイトル。

冒険家アドル・クリスティンがカナン諸島を舞台に、“有翼人”の謎に迫る冒険が描かれている。

前作「V」をベースに、これまでのシステムを総括したまったく新しいシステムが採用されたシリーズ初の3D作品で、スピーディで爽快感のあるバトルがゲームユーザーから高い評価を受けた作品のひとつ。

「イース6 オンライン」4/23~29オープンベータテスト開催!

「イース6 オンライン〜ナピシュテムの匣〜」公式サイトでは、4月23日12:00 ~ 4月30日23:59に開催されるオープンベータテスト(OBT)について詳細を公開中。

リリース前に「イース6 オンライン〜ナピシュテムの匣〜」をプレイできる貴重なチャンスだから、気になる人は4月22日23:59までにOBT登録を。

さらに、TwitterでAmazonギフトカードがあたるイベントも開催。詳細は「イース6 オンライン~ナピシュテムの匣~」公式サイトへGO!

「イース6 オンライン〜ナピシュテムの匣〜」オープンベータテスト参加募集中
http://ysvionline.restargames.jp/collect.html