【MLB】大谷一問一答 右手マメ復帰登板は「指のかかりが今イチ」「ストレス溜まるリズム」

© 株式会社Creative2

会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平【写真:編集部】

16日ぶり登板は4回7四死球7奪三振1安打無失点、今季初勝利はお預け

■エンゼルス 6ー2 レンジャーズ(日本時間21日・アナハイム)

エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地・レンジャーズ戦で先発登板したが、今季初勝利はならなかった。右手中指マメの影響で投打同時出場した4日(同5日)以来16日ぶりの登板。4回で7四死球を与える大荒れぶりだったが、毎回7奪三振1安打無失点と踏ん張った。フォーシームの最速は97.7マイル(約157.2キロ)。防御率1.04となった。チームは6-2で快勝。試合後に大谷は自身の投球を振り返った。

――マメは問題なかったか。
「全体的に出来ないように投げてはいたので。まずは無事に終わって次も投げられそうなので。そこが一番良かったなと思います」

――フォーシームの割合が減っていた。
「そうですね」

――球速も前回ほど出ていなかった。
「指のかかり的にも今イチ良くなかった。いい球種、悪い球種あったので、次につなげていけたらと思います。」

――いいスプリットが多かった。
「むしろスプリットしか良くないなという感じだったので。そこが良かったのは良かったところかなと思いますし、全体的にストレスが溜まってしまうようなリズムで投げていたので。次回はしっかりと改善できるようにしたいなと思います」

――初回1死満塁を切り抜けたのは自信になったのか。
「どうですかね。どっちかというと相手というより、マメの件もありましたし、自分と向き合っていた時間が長かったかなと全体的に思います」

――コントロールに関しては。
「ゼロ点ですね」

――間隔が空いたからか。次回に向けて、どう改善したいか。
「間隔が空いたのはもちろんしょうがないことなので。ただ、ブルペンでの出力と違いますし、その中で指先との兼ね合いもあったので。なかなか思い通りにいかないところが多かったなと思います」

――次回から真っすぐを減らしていくのか。それとも次回から制限なしか。
「今日はちょっと特別だったので。やっぱり試合の中で投げる強度と、そうではないのは全然違うので。そういう意味では試合の中の強度で70、80球をこなせたのは良かったところ。次につながるところじゃないかなと思います。次、また全力で出来るんじゃないかなと思います」

――スプリットは2018年から約900回転上がっている。トップスピンをかけている。それともなっているのか。
「スプリットは僕は技術ではないと思っているので。あまりその回転数、軸を考えない方がいい球種かなと思っています」

首を傾げる場面目立つ「終始、自分に納得いっていなかった」

――理論的には落ちる系は回転数落としたいと思うが。
「どうですかね。あまりスプリットに関しては、なんて言うんですかね、不規則というかカットしたり右側に流れたりとかそういう球種だと自分では思っているので、どちらかというと回転がかかっていた方が打者としては判別もしにくいですし、有利になる点が多いかなと思っています」

――真っすぐに関して。前回カット気味の真っすぐがあったが、あれはカットボールか。
「スプリットがカットしたりとかですかね。もちろん真っスラみたいな感じで真っすぐがカットすることもあるんですけど」

――初回だけで28球。2回以降、球数が気になったか。
「どこまでいけるか。その時次第というか、意図的に減らすというか、本当1人1人切っていく方がベターだと思っているので、そういう意識では普通にいますけど」

――走者は出したが、結果的には無失点。外野に飛んだのは1つだけ。内容は次に向けてつながったか。
「自分でピンチを招いて、自分で抑えてっていうだけの感じだったなので。ヒット性が少ないというのは良いことではありますけど、根本的に自分でピンチを作るのは、いらないことなので。なるべく減らした方がやっぱり失点のリスクも低いかなと思います」

――首を傾げる場面が多かった。メカニック的なことか。
「終始、自分には納得いっていなかったですけど、試合の中なので、投げている時はもちろんあまりそういうのも考えないようにしていますし、もちろん目の前の打者を抑えることに集中はしている。あとはイニング間はやっぱりキャッチャーとのコミュニケーションだとか、今日の自分の球種の状態だったりとか確認しないといけないので、良くないなと思いながら、コミュニケーションはとっていました」

前回フォーシーム平均157.9キロから平均153.9キロに「最初から100%でいく感じではなかった」

――球速は抑えめに入ろうと最初から考えていたか。
「ある程度はそうですね。もちろん指先に関しても100ではないので、試合の中で投げないと良くならないので、もちろん最初から100%でいくという感じではなかったですね」

――4回のカルフーン選手への投球、スプリットがカット気味になっていた。自然か、意図的か。
「どのボールなのかは覚えていないですけど。左のインコースとかに投げる時はカットしたりします」

――意図的か。
「意図的にというか、そういう風に曲がってくれたらいいなっていうくらいの感じで投げたりします」

――マメは問題なかったか。めくれたりなど。
「それはないですね。状態は終始よかったです。感覚のズレみたいなのもはありますけど。全体的に無事に終わりました」

――今季は直球の回転数が上がっているが、意図と制球への影響は。
「回転数は上げようと思って上げているわけではないので、もちろん体の状態が良かったりとか、指先のかかり具合が良かったりとかあると思います。真っすぐの握り自体でも多少変わってくるので。回転数というよりは、なんていうんですかね、自分がどのくらい球に対して力が伝わっているかというところの方が、感覚的なところの方が、投げている上で大事かなと思っています」(Full-Count編集部)