インドネシア潜水艦が行方不明

53人乗り、捜索を開始

© 一般社団法人共同通信社

行方不明になったインドネシアの潜水艦「KRIナンガラ」=2012年(インドネシア海軍提供・共同)

 【ジャカルタ共同】インドネシア軍幹部は21日、53人が乗った潜水艦が訓練中に連絡を絶ち行方が分からなくなり、捜索を始めたと明らかにした。地元メディアなどが報じた。

 潜水艦は21日未明、バリ島から北方へ約95キロの海域で訓練をしていたが、海軍の報道官は「水面下に入ったと報告があった後、すぐに連絡が取れなくなった」と話した。

 インドネシア政府はオーストラリアとシンガポールに支援を求めているという。

 潜水艦はドイツ製の「KRIナンガラ」。ロイター通信によると、1978年製で、インドネシア海軍が持つ潜水艦5艦のうちの一つだった。