【タイ】市中感染1454人、死者2人(21日)[社会]

©株式会社NNA

タイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は21日、新型コロナの感染者が新たに1,458人確認されたと発表した。市中感染者は1,454人で、首都バンコクが最多。また、新型コロナに感染していた2人の死亡が確認された。

市中感染者の内訳は、◇バンコクが365人◇北部チェンマイ県が134人◇東部チョンブリ県が80人◇バンコク北郊ノンタブリ県が69人◇東部ラヨーン県が64人◇バンコク西郊サムットサコン県が54人◇南部プラチュアプキリカン県が47人——など。

市中感染者のうち、1,346人が医療機関で、108人が積極的疫学調査で確認された。市中感染者以外の4人は、海外からの帰国・入国者だった。

CCSAによると、死亡したのはバンコクのタイ人女性(56)とノンタブリ県のタイ人男性(32)。女性は糖尿病や高血圧を患っていた。男性はアレルギーがあり、感染者と接触していた。

累計の感染者は4万6,643人で、治療中の感染者は1万7,162人。回復者は2万9,371人で前日から413人増えた。死者は2人増えて110人となった。累計の感染者に対する回復者の割合は63.0%、死者の割合は0.24%となった。