米警官が黒人少女射殺

オハイオ州、抗議デモも

©一般社団法人共同通信社

抗議デモをする学生たち=21日、米オハイオ州コロンバス市(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米中西部オハイオ州コロンバス市で20日、ナイフを所持した黒人少女が警官に射殺された。市警察当局などが21日、記者会見で確認した。警察は、警官が装着していたボディーカメラの映像を異例の早さで公開したが、地元では警官による過剰対応だとして抗議デモが起きるなど批判が高まっている。

 米メディアによると少女はマカイア・ブライアントさん(16)。警察によると、通報を受けて警官が駆け付けたところ、ブライアントさんがナイフを振り回し、他の少女らに危害を加えようとしたため4発発砲した。ブライアントさんは病院に搬送されたが、死亡が確認された。