博多と東京のひよ子、初コラボ 「五色のひよ子ものがたり」数量限定販売

©Traicy Japan Inc,

九州を中心に店舗を展開する、ひよ子本舗吉野堂は、博多と東京のひよ子をコラボした、「五色のひよ子ものがたり」を数量・期間限定で販売している。博多と東京のひよ子のコラボは初めて。

名菓ひよ子は、1912年に福岡・飯塚で生まれ、その後、1957年に福岡市に、1964年の東京オリンピックを契機に東京に進出した。現在、東京の店舗や商品展開はグループ会社の「東京ひよ子」が担っている。

ひよ子本舗吉野堂は、4月21日から期間・数量限定で「五色のひよ子ものがたり」を販売している。名菓ひよ子と、東京の「紅茶ひよ子」「塩ひよ子」、博多の「桜ひよ子」「茶ひよ子」を詰め合わせた5個入りで、価格は972円(税込)。福岡県内を中心としたひよ子本舗吉野堂の店舗やオンラインショップで販売している。