警官、聖火リレー後に感染判明

香川県、交通規制に従事

© 一般社団法人共同通信社

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、香川県で17日に行われた五輪の聖火リレーで、交通規制などに従事した香川県警の30代の男性警察官が新型コロナウイルス検査で陽性になったと明らかにした。県警から報告を受けた。組織委によると、聖火リレー関連での感染判明は初めて。

 組織委によると、この警察官は17日に香川県直島町で車両の誘導などに当たった。翌18日に体調不良のためPCR検査を受け、陽性と判定された。

 組織委は勤務状況から濃厚接触者はいない可能性が高いとしており、保健所からの情報提供を待っている。