三重大カルテ改ざん、元准教授に有罪判決

© 一般社団法人共同通信社

 実際には使っていない薬剤を患者に投与したように電子カルテを改ざんし、診療報酬をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた三重大病院元准教授境倫宏被告(48)に津地裁は22日、懲役2年6月、執行猶予4年の判決を言い渡した。