警察に虐げられ、伝説の反逆者となる男 「トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング」予告

©合同会社シングルライン

6月18日より劇場公開される、オーストラリアに実在した伝説の反逆者ネッド・ケリーの素顔に迫る映画「トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング」の、予告編が公開された。

公開された予告編では、19世紀の荒廃したオーストラリアの大地を舞台に、貧しいアイルランド移民の子ネッド・ケリー(ジョージ・マッケイ)が、銃の撃鉄を起こして何かへと向かっていく姿から始まる。母から山賊(ラッセル・クロウ)に売り飛ばされた幼きネッドはやがて成長し、無実の罪で追いつめられる。横暴な警官たちからは「君たちが苦しむの見たい」「逮捕するしかない」と脅され、母まで投獄されてしまうケリー。後半には、ネッド率いる四角い鉄兜をかぶった反逆者集団「ケリー・ギャング」が、銃弾の飛び交う中を前に進む姿などが描かれている。

また、予告編の後半では、ジョージ・マッケイをはじめとする、ケリー・ギャングを演じる4人の役者たちによって、映画の役作りのために結成されたパンクバンド「FLESHLIGHT」の楽曲が使用されている。

「トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング」は、ピーター・ケアリーによるブッカー賞を受賞した同名原作の映画化作。これまで英雄としてのみ語られていたネッド・ケリーを、悲惨な境遇から抜け出そうと苦悩しながら闘う若者として描き出す。ネッド・ケリーを演じるのは、主演作「1917 命をかけた伝令」のジョージ・マッケイ。母親から幼いネッドを買い取る盗賊をラッセル・クロウ、ネッドを執拗に追い詰める警官をニコラス・ホルト、ネッドの家族に横暴を尽くす巡査部長をチャーリー・ハナムが演じる。監督は、「アサシン クリード」のジャスティン・カーゼルが務める。

【作品情報】
トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング
2021年6月18日(金)、渋谷ホワイトシネクイント、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
配給:アット エンタテインメント
© PUNK SPIRIT HOLDINGS PTY LTD, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, ASIA FILM INVESTMENT GROUP LTD AND SCREEN AUSTRALIA 2019