島根県の広告が最優秀賞、温かみある言葉で帰省自粛呼びかけ 地域クリエイティブ大賞

©山陰中央新報社

最優秀賞を受賞した島根県の広告

 新聞や放送、広告各社などでつくる公益社団法人全日本広告連盟(全広連)が、地域活性化に貢献した広告を顕彰する「第15回全広連鈴木三郎助地域クリエイティブ大賞」の最優秀賞に、島根県がコロナ禍での帰省自粛を、温かみのある言葉で呼び掛けた「早く会いたいけん、今は帰らんでいいけんね。」「早く会いたいけぇ、今は帰らんでいいけぇね。」を選んだ。

 また「第15回全広連鈴木三郎助地域キャンペーン大賞」の選考委員会特別賞に、若者定住をテーマに山陰中央新報社などが手掛けた「Think local.(シンク・ローカル)」を選出。本紙掲載広告のダブル受賞となった。

 全広連が22日、受賞作品を発表した。

 クリエイティブ大賞最優秀賞に、応募33作品から選ばれた帰省自粛広告は、島根県、山陰中央新報社、Birdman(バードマン)島根支社(旧エードット島根支社)=松江市朝日町=が企画。2020年4月29日に掲載された。

 出雲地域向けと石見地域向けの紙面で、それぞれの方言による手書きのメッセージを便箋に見立てた背景に載せ、新聞ならではの温かみが伝わったと評価された。

 また16作品の応募からキャンペーン大賞選考委員会特別賞に輝いた「Think local.」は20年6月から12月にかけて計4回掲載。同県と川本町が協賛し、山陰中央新報社とあしたの為のDesign(デザイン)=出雲市平田町=が手掛けた。

 県内に住む2人の若者が高校時代の恩師や県内各界で活躍する人たちに取材し、全国に先駆けて人口減少が進む島根で暮らす理由を見いだす企画。取材を通じて地域課題を深掘りする手法が、新聞の強みを生かしているとの評価を受けた。

 5月20日に松江市殿町の島根県民会館で開かれる「第69回全広連山陰大会」の式典で、両賞の贈呈式がある。