温室ガス排出30年目標46%減

菅首相、現行26%減から上積み

© 一般社団法人共同通信社

地球温暖化対策推進本部の会合で、2030年度の温室効果ガス排出量を13年度比46%削減する方針を表明した菅首相。右は小泉環境相=22日午後、首相官邸

 菅義偉首相は22日、政府の地球温暖化対策推進本部の会合で、日本の2030年の温室効果ガス排出削減目標について、30年度に13年度比で46%削減を目指すと表明した。現行の26%減から大幅上積みとなる。「さらに50%(減)の高みに向けて挑戦を続ける」と述べ、目標上積みに含みを持たせた。30年目標は、菅首相が表明した50年温室効果ガス排出実質ゼロに向けた重要な通過点となる。

 首相は22日、バイデン米大統領主催の気候変動に関する首脳会合(気候変動サミット)で新たな目標を正式に表明した。国際公約した格好だが、どうやって目標を達成するのか、実効性が鍵になりそうだ。