民間人搭乗の空自F2戦闘機接触

ランプ落下もけが人なし、山口

©一般社団法人共同通信社

航空自衛隊のF2戦闘機

 22日午後3時5分ごろ、山口県の花尾山上空で、福岡県の築城基地所属のF2戦闘機2機が接触した。出版社の取材で編隊飛行を撮影する目的の民間人のカメラマンを含め、2機で計3人が乗っていたがけが人はなかった。1機の垂直尾翼のランプ(約400グラム)などの部品が、山林とみられる場所に落下したが、けが人の情報はない。2機は約1時間後に自力で基地に戻った。

 防衛省は、民間人の搭乗機で事故があったことに関し「ご迷惑をお掛けして大変申し訳ない。再発防止に努める」としている。カメラマンは新型コロナウイルスの感染防止策など適正な手続きで搭乗したという。