新疆で「ジェノサイド」

英下院が決議

© 一般社団法人共同通信社

 【ロンドン共同】英下院は22日、中国新疆ウイグル自治区で「少数民族ウイグル族が人道に反する犯罪とジェノサイド(民族大量虐殺)に苦しんでいる」とし、国際法に基づいて行動を起こすよう英政府に促す決議を採択した。拘束力はない。英メディアが報じた。

 英政府は3月、新疆の人権侵害に関与したとして中国当局者らへの制裁を発表。中国は英下院議員らに対する制裁で対抗措置を取った。今回の英下院決議は、中国の制裁対象となった議員の1人が提起した。