ワタミ、100億円調達へ

政策投資銀行に資金支援要請

©一般社団法人共同通信社

 外食大手ワタミが日本政策投資銀行に100億円規模の資金支援を要請したことが23日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で悪化した財務基盤を厚くするほか、焼き肉店の新規出店の投資などに充て雇用維持と経営立て直しを図る。5月中旬にも返済の優先度が低い「劣後ローン」を中心に調達する方向で調整を進めている。

 資金調達は政投銀が政府の要請を踏まえて新たに始めた支援策を活用する。支援策は新型コロナで打撃を受けた飲食・宿泊業界の企業が対象となっている。

 同社は業績回復のため宅配事業の強化や主力居酒屋「和民」などの焼き肉店への業態転換などを急ぐ。