肺炎の102歳女性、ワクチン接種後に死亡

© 一般社団法人共同通信社

 厚生労働省は23日、新型コロナウイルスワクチン接種前に誤嚥性肺炎を発症して全身状態が良くなかった可能性のある102歳の女性が、接種後に死亡する事例があったことを同省の専門部会で明らかにした。