歯科医もワクチン注射可能に

集団接種を想定、厚労省

© 一般社団法人共同通信社

厚労省で開かれた有識者懇談会=23日

 厚生労働省は23日、新型コロナウイルスワクチンの接種で、医師や看護師に限られていたワクチン注射を歯科医師にも容認することを決めた。医師がいる集団接種会場に限定することなどを条件としている。同日の有識者懇談会が了承した。

 懇談会は、医師法上の特例として、(1)歯科医師の協力なしに集団接種が困難(2)歯科医師が筋肉注射の経験があるか、必要な研修を受けている(3)接種者の同意を得ている―との条件を満たせば可能と判断した。自治体は医師や看護師の確保が困難な場合、歯科医師会などに協力要請できるようになる。厚労省は近く、自治体に事務連絡を出す。

この記事はいかがでしたか?