地域観光支援、年末まで

事業者資金繰り確保も

©一般社団法人共同通信社

 赤羽一嘉国土交通相は23日、観光支援事業「Go To トラベル」に代わる都道府県の旅行割引支援を12月末まで続けると発表した。当面5月末までとしていたが、新型コロナウイルス感染が広がる地域は割引開始が遅れると判断した。こうした地域の事業者の資金繰りを支えるため、感染収束後に使える宿泊の割引事業を都道府県が行う場合も国が補助する。

 赤羽氏は記者団に「観光関連産業は危機的な状況だ。感染が拡大している地域では割引支援を活用できず、追加支援措置を設けた」と語った。国の支援規模は3300億円という。

 トラベル事業は昨年末に停止した。