【新型コロナ】東京に隣接の川崎、市長は危機感 神奈川県と割れる対応「都に準じた厳しい措置を」

© 株式会社神奈川新聞社

福田紀彦・川崎市長(資料写真)

 新型コロナウイルスへの対応を巡り、川崎市の福田紀彦市長は23日、「東京都に準じた厳しい措置を」と述べた。都と隣接する自治体として、都と神奈川県の対応が分かれる現状に強い危機感をあらわにした。知事と市町村長とのオンライン会議で訴えた。

 同会議は非公開で行われ、コロナ対応について意見交換した。会議後、福田市長は「都内から川崎市内の商業施設などに人が押し出されるのは避けられない」と懸念を表明。「知事はこれまで1都3県は一体と言ってきた」とし、感染再拡大中に足並みが乱れる現状に疑問を呈した。

 また、「まん延防止等重点措置」対象地域の飲食店で酒類の提供自粛を要請する県の方針に対し、当事者である3政令市に事前の意見聴取がなかったと苦言。「遺憾だ。配慮を求めたい」とし、改めて県に情報共有の徹底を注文した。