レッドブルF1、新パワーユニット部門の責任者を発表。メルセデスの上級エンジニアを引き抜き

©株式会社サンズ

 レッドブル・パワートレインズは、4月23日、ベン・ホジキンソンをテクニカルディレクターに任命することを発表した。ホジキンソンはメルセデスF1チームのエンジン部門でヘッド・オブ・エンジニアリングの役割を務めてきた人物。

 F1パワーユニットマニュファクチャラーのホンダは2021年末でF1活動を終了することを決め、その後の交渉によって、そのパワーユニットプロジェクトをレッドブルが引き継ぐことで合意がなされた。レッドブルは今後自社でパワーユニットを製造していくために、レッドブル・パワートレインズを設立。ファクトリーはイギリスのミルトン・キーンズに位置するレッドブル・レーシングの本拠レッドブル・テクノロジー・キャンパス内に設けられることが決まっており、現在建設作業が進められている。

 F1では2022年から3シーズン、パワーユニットの開発が凍結され、2025年から新世代パワーユニットが導入される予定だ。ホジキンソンはポワーユニットを新たな規則に適応させて開発する作業において、技術的なリーダーシップをとることになる。

 ホジキンソンはWRC世界ラリー選手権、ル・マンのレースエンジン開発に携わった後、イルモア・レーシングに加入、同社のF1部門を引き継いだメルセデスAMGハイパフォーマンス・パワートレインズで20年を過ごし、ヘッド・オブ・エンジニアリングのポジションに就いた。ホジキンソンはメルセデスとの現契約期間が終えた後、レッドブル・パワートレインズに加入するということだ。

 メルセデスは現行パワーユニット規則が導入されてから無敗の7連覇を果たしており、レッドブルはホジキンソンが「豊富な経験と専門知識をもたらしてくれること」に期待していると述べている。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 レッドブル・パワートレインズのパワーユニットは、2022年からレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリに供給される。

「レッドブルは、レッドブル・パワートレインズの設立を発表した際に、F1での野心が新たな段階を迎えることを明らかにした」とチーム代表クリスチャン・ホーナーはコメントした。

「マシン設計のあらゆる側面を社内に持ち込み、自身の運命を自分たちの手で握ることになったのだ。その究極の例が、レッドブルのパワーユニットの開発を次世代F1エンジンレギュレーションに合わせて開発することだ。ベンを任命したことは我々の長期的な意図を示すものである。我々は、成功を収めるために必要な最大限のリソースにより、彼と彼のチームをサポートする」

この記事はいかがでしたか?