楽2―1西(24日)

楽天が接戦制す

© 一般社団法人共同通信社

2回、好守を見せた一塁手ディクソン(左)を迎える楽天・田中将=楽天生命パーク

 楽天が接戦を制した。一回にディクソンの適時内野安打と岡島の右前適時打で2点を先制。田中将が6回1失点と好投し、日本球界復帰後初で8年ぶりの白星を挙げた。西武は打線が振るわず2分けを挟んで5連敗を喫した。