コーヒーの苗木100本、沖縄市の新農場に植樹 5年後に沖縄産コーヒーを

©株式会社琉球新報社

 【沖縄】沖縄市知花にある「ヨシモトコーヒー」(吉本幸司代表)は7日、会社設立35周年式典を開催、沖縄市登川に新設した農場でコーヒーの苗木100本を植樹した。
 創業者で会長の吉本浩明さん(66)が病気療養中のため病院とオンラインでつなぎ、息子で2代目社長の幸司さん(38)が植樹式を行い沖縄産コーヒーの豊作を願った。
 2代目社長の幸司さんは「父の夢である農場が完成し、リハビリ中の父の励みにもなった。設立40周年には沖縄産コーヒーを収穫販売したい」と述べた。
 問い合わせはヨシモトコーヒー(電話)098(937)2645。
 (喜納高宏通信員)

この記事はいかがでしたか?