ボクシング寺地「疲れはどっと」

8度目防衛から一夜明け

© 一般社団法人共同通信社

8度目の防衛から一夜明け、ポーズをとる寺地拳四朗=25日、京都府宇治市(BMBジム提供)

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者の寺地拳四朗(BMB)が8度目の防衛成功から一夜明けた25日、オンラインで取材に応じた。約1年4カ月ぶりの防衛戦で、自身が起こした不祥事を悔いて再出発した闘いを振り返り「緊張もいろいろあって疲れはどっときた。筋肉痛もある」と話した。

 同級1位の久田哲也(ハラダ)を相手に3―0の判定勝ち。試合後は感極まり、リング上で人目をはばからずに泣いた。「来てくださった方から、つられてしまったという声をいただいた。ちょっと恥ずかしい」と照れ笑いを浮かべた。