星野陸也が通算4勝目

関西オープン選手権最終日

© 一般社団法人共同通信社

通算14アンダーで優勝した星野陸也=有馬ロイヤルGC

 関西オープン選手権最終日(25日・兵庫県有馬ロイヤルGC=7103ヤード、パー71)首位で出た星野陸也が3バーディー、1ボギーの69で回り、通算14アンダー、270で優勝した。昨年9月のフジサンケイ・クラシックを制して以来で、昨年と統合された今シーズンの2勝目を挙げ、ツアー通算4勝とした。優勝賞金は1200万円。

 2打差の2位はチャン・キム(米国)で、さらに1打差の3位に金成ヒョン(韓国)、通算10アンダーの4位に宮里優作ら3人が続いた。2週連続優勝を狙った金谷拓実は16位だった。