【フローラS】クールキャットがクールに決めた ルメール「冷静に走ってくれましたね」

© 株式会社東京スポーツ新聞社

フローラSを制したクールキャット。鞍上ルメールはガッツポーズ

2着までに優先出走権が与えらえれるオークストライアル・GⅡ第56回フローラステークス(25日=東京競馬場、芝2000メートル)は、ルメール騎手が乗ったクールキャット(奥村武厩舎)が、好位から直線ジワジワと伸びて本番の権利を獲得した。2着に14番人気スライリー、3着は2番人気ユーバーレーベン。

新馬戦V以来のタッグを華麗に決めたルメール騎手は「今日は前のほうに行きたかったのでスタートしてから少し出して行きました。冷静に走ってくれましたね。この馬は跳びが大きいです。直線ではあまり切れないですけど、長く伸びてくれます。だから、直線ではすぐ外に出しました。だんだん加速してくれましたね」と作戦通りの勝利だったことを打ち明けた。