巨8―9広(25日)

広島が乱戦制す

© 一般社団法人共同通信社

9回広島1死三塁、菊池涼が決勝点となる中犠飛を放つ=東京ドーム

 広島が乱戦を制し勝率を5割に戻した。6点差を追い付かれた直後の九回、代打中村奨の二塁打などで1死三塁として菊池涼の犠飛で勝ち越した。塹江が今季初勝利、栗林が8セーブ目。巨人は打線が粘ったが中盤の大量失点が響いた。