衆参3選挙、自民が全敗

菅政権、初の国政選で痛手

©一般社団法人共同通信社

自民党の宮沢洋一参院議員(右)と話す岸田文雄広島県連会長=25日夜、広島市

 菅政権発足後、初の国政選挙となった衆院北海道2区と参院長野選挙区の補欠選挙、参院広島選挙区再選挙が25日投開票され、自民党は不戦敗を含め全敗を喫した。立憲民主党など野党は4党共闘で臨み3勝。次期衆院選の前哨戦で菅義偉首相(自民総裁)に痛手となった。衆院議員任期満了が10月に迫る中、首相の衆院解散戦略に影響を与えるのは必至。与党内で早期解散への慎重論と、首相の下での衆院選に懸念が出そうだ。

 自民は北海道2区で候補を擁立せず、激戦の広島、長野で公明党の推薦を得て戦った。保守地盤の広島を含めた全敗は、「政治とカネ」やコロナ対応を巡る政権批判の根強さを裏付けた。

衆院北海道2区補選で落選が決まり、支持者(左)に頭を下げる鶴羽佳子氏=25日夜、札幌市