心不全は血圧130/80mmHg以上から発症リスクが高まることを東大などが確認

© 株式会社マイナビ

東京大学と横浜市立大学は4月23日、心不全や心房細動の発症リスクが、収縮期血圧130mmHg以上あるいは拡張期血圧80mmHg以上という、従来考えられていた血圧値よりも低い段階から上昇する可能性を、200万症例以上が登録された大規模疫学データを用いて明らかにしたと共同で発表した。

同成果は、東大大学院 医学系研究科 循環器内科学/東大医学部附属病院 循環器内科の小室一成教授、同科 先進循環器病学講座の金子英弘特任講師、同科 臨床疫学・経済学の康永秀生教授、同科 循環器内科学/東大医学部附属病院 循環器内科の森田啓行講師、同科 先進循環器病学講座の藤生克仁特任准教授、東大医学部附属病院 循環器内科の伊東秀崇特任臨床医、横浜市立大附属病院 次世代臨床研究センターの矢野裕一朗副センター長/准教授らの共同研究チームによるもの。詳細は、米国科学誌「Circulation」にオンライン掲載された。

高血圧も日本国内の患者数は4300万人と推計されており、国民病の1つといえ、心臓や大動脈、脳、腎臓、眼底など、さまざまな臓器に障害を引き起こすことが知られている。

日本では、収縮期血圧(いわゆる「上」)が140mmHg以上、あるいは拡張期血圧(いわゆる「下」)が90mmHg以上を高血圧と診断するのが一般的だが、近年、状況が変わりつつあり、2017年に発表された米国の新しいガイドラインでは、このしきい値が下げられ、収縮期血圧130~139mmHgまたは拡張期血圧80~89mmHgを「ステージ1高血圧」と定義、従来の収縮期血圧140mmHg以上あるいは拡張期血圧90mmHg以上を「ステージ2高血圧」と定義している。ただし、米国が発表したこのガイドラインの妥当性については、現時点では多くの議論がなされているところである。

また高血圧は、心不全や心房細動の発症にも深く関わることが知られている。さらに、心不全が悪化した場合や、心房細胞によって脳梗塞を起こした場合の致死率は高く、仮に救命できたとしてもQOL(生活の質)が大きく低下してしまう可能性があり、加えて心不全や心房細動は、日本人の健康寿命を短縮させる主要因でもあり、予防・診断・治療法の確立が求められている。

こうした背景を受けて研究チームは今回、「JMDC Claims Database」に登録された症例を対象に、2017年に発表された米国のガイドラインに準じた血圧分類によって、心不全や心房細動などの循環器疾患のリスクが層別化可能かどうかの検証を、降圧薬を内服している症例や循環器疾患の既往歴のある症例を除外した219万6437症例(平均年齢44±11歳、58%が男性)を対象として解析を行ったという。

米国の血圧ガイドラインに準じた形で、正常血圧(収縮期血圧120mmHg未満かつ拡張期血圧80mmHg未満)(115万5885症例)、正常高値(収縮期血圧120-129mmHgかつ拡張期血圧80mmHg未満)(33万7390症例)、ステージ1高血圧(収縮期血圧130-139mmHgあるいは拡張期血圧80-89mmHg)(45万9820症例)、ステージ2高血圧(収縮血圧140mmHg以上あるいは拡張期血圧90mmHg以上)(24万3342症例)の4つに分類。その内、平均観察期間1112±854日の間に、2万8056症例が心不全、7774症例が心房細動と診断され、年齢や性別、高血圧以外の危険因子で補正後に、正常血圧との比較が行われた結果、心不全のリスクはステージ1高血圧でハザード比1.30、ステージ2高血圧においてはハザード比2.05、心房細動のリスクについてはステージ1高血圧でハザード比1.21、ステージ2高血圧においてハザード比1.52と上昇していることが確認されたとする。また、心不全についてはステージ1高血圧の手前、正常高値血圧の段階からリスクが上昇していることも明らかとなったとしている。

さらに、心筋梗塞や狭心症、脳卒中についても解析の結果、心筋梗塞、狭心症、脳卒中については、正常高値血圧の段階から正常血圧と比較してリスクが上昇していることが判明。ステージ1高血圧、ステージ2高血圧と段階的なリスクの上昇が確認されたとする。

続いて、人口寄与危険割合(Population Attributable Fraction:PAF)と呼ばれる手法で、血圧上昇の疾患発症への寄与度に関する推定が行われた結果、ステージ1高血圧の症例の血圧を正常化することで、心不全のリスクを23%、心房細動のリスクを17%、またステージ2高血圧の症例の血圧を正常化させることで、心不全のリスクを51%、心房細動のリスクを34%低下させる可能性があるという結果が得られたという。

今回の研究に対して共同研究チームは、後ろ向きの観察研究であること、レセプトの病名に基づいて解析していること、JMDCClaims Databaseに含まれる主な対象が中規模以上の企業の勤務者とその家族であることから、選択バイアスが存在する可能性などを限界として考慮する必要があるとする一方で、今回の研究を通して、広く一般に用いられている従来の高血圧における診断基準(140/90mmHg以上)よりも低い段階から、心不全や心房細動のリスクが上昇する可能性が示唆されたことは、日本を含む先進国で増え続ける循環器疾患を予防するための足がかりになると考えられるとしている。

また、今回の研究によってステージ2高血圧のみならずステージ1高血圧も心不全や心房細動のリスクを増加させる可能性が示されたが、このステージ1高血圧を治療することによって、心不全や心房細動を予防できるかどうかは今後研究すべき課題としているほか、ステージ1高血圧も積極的な治療対象とした場合には、治療対象になる患者数が大幅に増加するため、医療経済や費用対効果の観点からの検討も必要になると考えられるとしている。

なお今後については、これらのさまざまな課題を克服し、日本の高血圧患者に対する適切な治療法の確立、そして心不全や心房細動などの循環器疾患を予防し、健康寿命の延伸を目指す取り組みが期待されるとしている。