米欧、感染急増のインド支援拡大

新型コロナ、世界最悪ペース

©一般社団法人共同通信社

24日、インドの首都ニューデリーで新型コロナウイルスの患者を運ぶ医療従事者(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米国とインドの両政府は25日、米国がインドに新型コロナウイルスのワクチン製造に必要な材料や人工呼吸器などの医療器具を供給することで合意した。英国とフランスも医療器具を提供する方針を表明。世界最悪のペースで感染者が増え、医療崩壊の危機にあるインドへの国際支援の動きが拡大している。

 バイデン米大統領は25日、ツイッターで「インドが必要としている時、米国は支援する」と強調した。ホワイトハウスによると、サリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)とインドのドバル国家安全保障補佐官が電話会談し、合意した。薬や検査キット、個人用の防護具も供給する。