三重、まん延防止要請へ

四日市対象で検討

©一般社団法人共同通信社

 三重県は26日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、まん延防止等重点措置の適用を近く政府に要請すると正式に決めた。対象区域は感染者の増加が顕著な四日市市とし、他の市町についても政府と調整する。

 会議では県独自の「緊急警戒宣言」を改定し、県内全域で飲食店に午後8時までの営業時間短縮を新たに要請することも決めた。期間は26日~5月11日。県民には、県内の移動についても必要性や安全性を慎重に検討するよう求める。

 鈴木英敬知事は記者会見で「なるべく早期に重点措置を要請したい」とした上で、時短要請など「重点措置を先取りした措置を県独自でやる」と述べた。