「パワプロ」で五輪盛り上げを

野球ゲーム、IOCが大会創設

©一般社団法人共同通信社

「パワフルプロ野球」のゲーム画面(コナミデジタルエンタテインメント提供・共同)

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)が将来的な五輪実施も視野に野球など5競技の「バーチャル(仮想)スポーツ」大会を創設したことを受けて、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)のフラッカリ会長が26日に記者会見し「歴史的な瞬間だ。五輪の野球・ソフトボールを盛り上げるためにも非常に重要になってくる」と期待感を示した。

 野球・ソフトボールは東京五輪で3大会ぶりに実施されるが、24年パリ五輪では落選。同会長はIOCが採用したコナミデジタルエンタテインメントの野球ゲーム「パワフルプロ野球(パワプロ)」で「多くの若者を取り込むことができる」と指摘した。