深田恭子が激ヤセ?ネット民がざわつく〝ぷにぷにボディー〟消滅のワケ

©株式会社東京スポーツ新聞社

ぷにぷに感がなくなった?深田恭子

女優の深田恭子(38)にネット上で〝激ヤセ説〟が浮上している。

3月に飲料メーカーのCM発表会に出席したときのこと。深田の写真付き記事を見たネットユーザーが「ヤセた!?」とザワついたのだ。確かに、トレードマークだった肉感的なぷにぷにボディーではなく、ほおがコケたように見えなくもない。世間では、コロナ禍による巣ごもりでぽっちゃりした人が少なくないが、それとは逆の流れ。いったい何があったのか…。

本人は26日、都内で行われたスマホRPGゲーム「放置少女~百花繚乱の萌姫たち~」の新CM発表会に出席。CM出演時と同じエナメルグレーのワンショルダーのボディコンで攻めまくった衣装を披露した。

この日もネットのザワつき通り、ほおにラインが見え、ボディーもほっそりして見えるが、テレビ局関係者は「深キョンはかねて、体重のアップダウンを繰り返しています。今回激ヤセと言われたのは主演映画の役作りでは」と苦笑いした。

深田は主演したフジテレビ系ドラマの映画版「ルパンの娘」が、10月15日に公開されることが発表されたばかり。

「映画では体のラインが強調される衣装、通称『泥棒スーツ』を着ます。昨年末にクランクインし、今年春にクランクアップして大変な撮影だったようで、体が絞れたままなのかもしれません」(前出関係者)

過去には、飲み会後にラーメン店でシメた姿を報じられ、それが〝増量〟の一因ではといわれた。かと思えば「カーヴィーダンス」で知られるトレーナー樫木裕実氏の指導を受けて〝減量〟し、サーフィン姿の写真集を発売して絶賛されたこともある。ヨーヨーが上がったり下がったりするように、体重が増減することは「ヨーヨーダイエット」ともいわれるが、まさにそれ。

深田の増減に一喜一憂する必要はなさそうだ。

この記事はいかがでしたか?