重傷の中学生、全治不詳…西川口駅ホームで男が暴行 列車撮影でけんか中の男を、中学生が撮影すると男憤慨

©株式会社埼玉新聞社

中学生が投げ倒され重傷 西川口駅、暴行の男は逃走=川口市

 25日午後5時18分ごろ、埼玉県川口市並木2丁目、JR西川口駅のホームで、県内に住む10代の男子中学生が男に投げ倒され、後頭部を強く打った。男子中学生は病院に搬送されたが、頭蓋骨骨折で全治不詳の重傷。意識はあり、命に別条はないという。川口署は傷害事件として捜査している。

 同署によると、JR臨時快速列車「あしかが大藤まつり号」の撮影場所を巡ってトラブルになり、男が都内居住の別の男子中学生の首元をつかむ様子を、男子中学生がスマートフォンで撮影していたところ、憤慨した男が男子中学生を投げ飛ばした。男は一緒に訪れていた数人とともに、京浜東北線に乗り、大宮方面に逃走したという。駅員が「客同士のけんかで当事者の1人が殴られたと言っている」と110番した。

 男は10~20代とみられ、身長約170センチ、痩せ形で黒っぽい服装。マスクを着けていた。