食品ロス、18年度600万トン

12年度以降で最少

© 一般社団法人共同通信社

コンビニ弁当などの廃棄食品=2018年、千葉県内

 政府は27日、まだ食べられるのに捨てられた「食品ロス」が2018年度に推計600万トンだったと発表した。前年度から12万トン減り、推計を始めた12年度以降で最少となった。家庭からの排出は8万トン減の276万トン、レストランやコンビニなど事業者は4万トン減の324万トンだった。

 環境省は、家庭分の減少について「食品廃棄物を減らそうという意識が高まったためではないか」と分析。30年度までに00年度比半減の489万トンとする政府目標に向け、企業や家庭に一層の削減を呼び掛ける。

 食品ロスの発生量は、関連事業者からの報告や、市区町村による家庭ごみ調査から推計した。