日銀、大規模緩和政策を維持

21年度物価予想を引き下げ

© 一般社団法人共同通信社

金融政策決定会合に出席するため、日銀本店に入る黒田総裁=27日午前(代表撮影)

 日銀は27日、2日目の金融政策決定会合を開き、短期金利をマイナス0.1%、長期金利を0%程度に誘導する大規模な金融緩和政策を維持した。上場投資信託(ETF)は年間12兆円を上限に買い入れを続ける。「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」を公表し、2021年度の消費者物価上昇率見通しを1月時点の前年度比0.5%から0.1%に引き下げた。

 物価見通しの下方修正は、新型コロナウイルスの感染再拡大や携帯電話通信料の引き下げが理由。一方、海外の需要が堅調なことから、景気は「引き続き厳しい状態にあるが、基調としては持ち直している」との判断を据え置いた。