パチンコ店を1時間で辞めた女性「制服がパンパンでファスナーが閉まらないのに“そのままホールに出ろ”と言われ、我慢できませんでした」

©株式会社グローバルウェイ

仕事を即効で辞めた人

会社に採用されたはいいが、入社後の職場環境や人間関係に馴染めず「短期間で辞めてしまった」というケースは珍しくない。中には面接で合格を告げられたにも関わらず、自ら折り返して辞退した人もいる。

「介護関連のテレオペの面接を受け、採用の旨を伝えられました。しかし面接官の発言が腑に落ちず、その日のうちに断りました。だって『最も多いクレームは駐車違反です』と言っていたので。介護の内容ならともかく、あまりにもかけ離れた『駐車違反ってどういうこと?』と思いました」(埼玉県/30代女性)

ちなみにその会社は後日、倒産したとのことだ。女性は「行かなくてよかったです」とコメントしている。東京都の40代女性も面接担当者の聞き間違いで、入社初日に退職した経験を持つ1人だ。(文:鹿賀大資)

【早すぎ!? 仕事を即効で辞めたエピソード】最新記事はこちらから

「事前に制服サイズも確認し『大きめのサイズもある』と言われたのに……」

女性は「まだ20歳くらいの時でしたが」と前置きした上で、パチンコ店を「勤務初日の開始から1時間も経たずに辞めました」と切り出す。その理由は、会社側からわたされた制服に手違いがあったためだ。事前研修にも参加していたが、その時は「私服での説明会だったから何事もなかったです」という。

「その後の面接で、制服のサイズを確認したところ『大きめのサイズもある』と言われました。でも、勤務初日に用意されていたのは標準サイズの制服。何とか着てはみたものの、スカートのファスナーが閉まらず……。それなのに『そのままホールに出ろ』と言われ、我慢ならずにその場で辞めました」

茨城県の50代女性は、かつてテレアポの仕事を3日で退職。そこは教材のセールス会社で、マニュアルトークを完璧に暗記するよう指示されていたという。

「勤務中は昼休みの外出も許されず、事務所に缶詰状態。そして電話をする際、なぜか相手先が一般家庭だと、そこのスタッフは皆『塾の先生』と称するのが決まりらしく、詐偽のようだった」

「普通は用事なんか入れないだろう」

大阪府の20代女性は以前、デリバリー専門の飲食店を数日で辞めている。当初はダブルワークを考えていたため、店側には週3日勤務を伝えたという。しかし、わたされたシフト表を確認すると、週5日勤務に増えていた。その見え隠れするブラックな節は、実際の勤務で露になった。

「店長に『忙しいから残って欲しい』と言われ、初日だったので仕方なく従いました。ところが2日目以降も言い続けてくるので、用事を理由に断りました。すると店長から『なんだ上がりたいのか? でも大人なんだから、勤務延長も想定しないと。普通は用事なんか入れないだろう。そもそも、こんな夕方から用事なんてあるのか?』と捲し立てられてしまい……」

店長の傲慢な性格に耐え切れず、女性は体調不良の末「数日で辞めることを決意しました」と綴っている。ちなみに現在は、体調も回復傾向にあるそうだ。

※キャリコネニュースでは引き続き仕事を即効で辞めた人
のほか【緊急募集】三度目の緊急事態宣言、あなたが思うことや現在困っていることを教えて下さい緊急事態宣言でも出社などのアンケートを募集しています。