モウ解任のトッテナム、「攻撃的監督」探し中

©株式会社コリー

先日ジョゼ・モウリーニョ監督を解任したトッテナム・ホットスパー。

その直後にメディアで報じられたところによれば、後任となる監督にはRBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマンを検討しているとのことだった。

しかしナーゲルスマン氏はその後バイエルン・ミュンヘンに行くことが決まっている。

トッテナムのダニエル・レヴィ会長は今シーズン中に監督を見つけたいとしていたが、現在他の候補と接触しなければならない状況になっているという。

『Daily Mail』によれば、ダニエル・レヴィ会長は今回「攻撃的な指揮官を雇いたい」と考えているそう。

そのため、現在アヤックスを担当しているオランダ人のエリック・テン・ハーフ氏を最優先候補として考えているとか。

トッテナムの内部ではレスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督を推す声も多いとのことだが、ダニエル・レヴィ会長はその選択肢を留保しているとのこと。

また、ベルギー代表を率いているロベルト・マルティネス氏、イングランド代表のギャレス・サウスゲイト監督、そしてフリーのラルフ・ラングニックも検討されているようだ。

【写真】トッテナムが「激安」で買えた大物ベストイレブン

ただ、トッテナムがもしトップ4でフィニッシュすることに成功できれば、ライアン・メイソン暫定監督をそのまま指揮させる可能性もあるとのこと。