撮り鉄トラブル、少年逮捕

中学生に傷害疑い

©一般社団法人共同通信社

 埼玉県警川口署は27日、JR西川口駅で列車の撮影を巡りトラブルになった男子中学生に頭蓋骨骨折の重傷を負わせたとして、傷害容疑で、住所不詳、会社員の少年(19)を逮捕した。署によると、「撮り鉄」と呼ばれる鉄道ファンが10人前後集まっており、撮影位置などに関して小競り合いが起きたとみられる。

 逮捕容疑は25日午後5時20分ごろ、駅ホームで男子中学生に投げ倒すなどの暴行を加え、頭部に傷害を負わせた疑い。

 撮影に際し少年は前にいた別の男子中学生にしゃがむよう注意したが応じてもらえず、首元をつかんだ。それを男子中学生がスマホで撮影しているのに気付き、後方に倒した。