キャンプ用品、出発前に点検を

NITEが注意呼び掛け

© 一般社団法人共同通信社

カートリッジ式のガスこんろ(製品評価技術基盤機構提供)

 製品評価技術基盤機構(NITE)とキャンプ用品大手コールマンジャパン(東京)は28日、キャンプ初心者への注意点をまとめた。出発前に機器をよく点検することなどを挙げている。

 NITEによると、キャンプ用品の事故は2016~20年に計18件寄せられた。「バーナーから漏れたガスに引火」「ガスカートリッジが過熱で破裂」など。

 カートリッジを接続するこんろやバーナーにある「オーリング」と呼ばれるゴム製部品が長期使用で劣化したり、接続部分を締め過ぎたりすると、ガスが漏れる恐れがある。目視で分からない場合があり、接続時に異常音や異臭の有無を確かめるべきとしている。